結婚契約 / 결혼계약

イ・ビョンフン監督作品の制作が遅れたから急遽制作されたというこのドラマ、とてもそんな風には見えない名作です。

イ・ソジンさんはこういう過去が原因で影のある金持ち役似合ってますね。ユイのお母さん役もなかなか。それでもこのドラマ一番の名演はシン・リナちゃんでしょう!!

脇役陣もいい味を出す良い役者さんが集まってますね。ホジュン役キム・グァンギュさんもいつも通りの良い味わいでしたし、あまりドラマでは見ないですが、ジュヨン役のキム・ソジンさんが良い味だしてました。

扱うテーマも展開もありがちかもしれないんですが、それでもぐいぐい引き込まれる展開。序盤〜中盤までの息を呑む展開。終盤の絶望的な先が予想される展開ながらも、ユイ演じるカン・ヘスが悟りを開いたかのようにあるがままを受け入れて、ドラマ全体の雰囲気が優しく落ち着いた雰囲気になっていったところも良いですね。最後もこの先の悲劇的な展開が予想されながらも、希望が持たれるような終わり方なのが深刻すぎずに良かったです。

こういう結末が深刻な感じなのに、出演者のオチを付けていくところ、妙に韓国ドラマらしくて感心してしまいました。途中まで恋路の邪魔をするナユンとか、ホジュン、ジュヨンとか。ですが、会長とか兄の結末がなかったのは BS で見たのでノーカット版じゃなかったからかな?


ここからはドラマと関係ない話。

今回 BS で見たんですが、これ 16 話を無理矢理 20 話に分けているし、この分け方が本当に雑にわけてる感じで、オリジナルの 16 話で視るのとでは、持つ感想が違ってくるんじゃないかなと思ってしまいました。16 -> 20 と分けてるからか CM もすごく多いし。

それと、BS11は急に予告もなく CM に移行するし(普通、黒い画面にフェードアウトする感じで CM に行くでしょう)、シリアスな場面で出演者の顔がアップになっている場面から急に通販のおばさんのぽっこりお腹や白髪が出てきて、もう少し考えてほしいなと思いました。ホント、金をかけずにドラマだけ持ってきた感が。作品を大事にしてる感じがしないですね。これまでずっとCSでしかドラマ見てなくて、今回初めて民放BSで視ましたが、たぶん今後はよほどのことがない限りは CS でノーカット版しか視ないでしょう。

* 放送終了「結婚契約」もう一つの名作ドラマが誕生…最高の演技を見せたイ・ソジン&AFTERSCHOOL ユイ (KStyle)
* 『結婚契約』代替ドラマの反乱、広告完売&最高視聴率 (innolife)


ごあいさつ(2018年)

この個人が好きなことを書いているだけのブログをご訪問いただきありがとうございます。

最近なかなか時間が取れず、更新頻度が減っていましたが、今年こそは溜まっている録画を消化して、更新頻度を上げたいと思っています。

とりあえず今年に入ってから「韓国ドラマあるある」ページも、今までメモに書いていた貯めてあったネタをマメに追加していっています。ドラマ視聴も複数のドラマを年始から一気見中ですので、昨年よりは更新できるかなあという気分になっています。

それでもあまり頻繁な更新にはならないかもしれませんが、長い目で時折更新をチェックしていただければと思います。

今年も、当ブログをよろしくお願い致します。


お父さんが変 / 아버지가 이상해

キム・ヨンチョルさん、キム・ヘスクさん、イ・ユリさん、リュ・スヨンさん、イ・ジュンさん、チョン・ソミンさんら出演の KBS2 の週末のドラマです。「お父さんが変」という変なタイトルですが、別にお父さんは全然「変」なところはありませんでしたよw

(WOWOW で放映が始まるにあたって「適齢期惑々(ワクワク)ロマンス〜お父さんが変!?〜」という変なタイトルになってますので注意)

このシリーズのドラマの感想ではいつも書いている気がしますが、とにかく予想を裏切るスピード感でどんどん話が展開していく、非常に面白いドラマでした。

いつも通り、ほぼ登場人物の家族だけですべてがまとまっている世間の狭さでした。中心はキム・ヨンチョルさん演じるピョン・ハンスの一家のお父さん、お母さんと 4 兄弟姉妹ですね。

前半は、リュ・スヨンさんとイ・ユリさんの駆け引きから始まり、これで引っ張るのかと思ったら、さっさとよりを戻して同棲と、拍子抜けするくらいあっさりまとまりますが、これはスタートでしかありませんでした。このカップルは後半も同居問題でちょっとお笑いを交えた感じで盛り上がります。

前半のもう一組の盛り上がりは長男とその彼女カップルですね。そしてそのカップルと次女が高校時代の同級生(そして会社でも同僚)というこれまた世間の狭さ。この元同級生のふたりもそれなりに引きずりながら最後の方まで問題が続きますね。

ただ、この辺りはあとで考えると、後半の盛り上がりの前の軽いジャブ的な展開でしたね。イ・ジュンさん演じるアン・ジュンヒが、大根役者っぷりを改善するために、本当のお父さんを探して、4兄弟姉妹の家にやってくるあたりから徐々に盛り上がり始めますね。その後、ちょっと簡単に変わりすぎじゃない?とツッコミ入れたくならなくもないですが、アン・ジュンヒの演技力が向上し、家族との仲も良くなっていき、ちょっと一服したあとに徐々にツラく深刻な展開になっていき、30後半〜45話あたりまではもう息もつかせぬ展開で、録りだめた録画を一気に消化してしまいました。

ここで一服の清涼剤的な役割を果たしたのが、末っ子のファヨン(元T-ARA)演じるラヨンとアン・ヒョソブさん演じるチョルスの恋愛でしたね。チョルス父とのやり取りも思わず笑ってしまうもので、深刻な話が深刻すぎることがないようにうまく挿入されていました。

視聴率を見る限りはこの時間帯のドラマにしてはそれほどでもない気がしますが、個人的には「棚ぼたのあなた」と並んだんじゃ?と思えるドラマだったと思います(世間的な評価はそうでもなかったのかな?)。前作の「月桂樹洋服店の紳士たち」も面白かったですが、それとはちょっとベクトルの違う面白さだったと思います。

確かに登場人物の兄弟まんべんなく盛り上がるというよりは、特定のカップルとお父さんお母さんだけが盛り上がった気もするので、そういう面が視聴率にあらわれているのかな?終わってみるとドラマの面白さ、スリリングさが後半の盛り上がりに依存してる感じもするので、その辺りなんですかね。(調べるとこの後始まったドラマ(黄金色の私の人生)の方が視聴率は良さそう)

まあ、いずれにせよ、すべてまとまった後のアン・ジュンヒ(イ・ジュンさん)とミヨン(チョン・ソミンさん)カップルの表情を見てると、ほっとして「ああ面白いドラマだった」と思えるものでしたよ(途中の最初のキスシーンとかありえない展開でしたけどw)。

最近になってこのカップルは微笑ましいニュースが飛び込んできていますね。