応答せよ 1997 / 응답하라 1997

Apink のウンジら主演のドラマ。韓国ドラマとしてはなかなかユニークなドラマですね。それもあって結構話題になったようですね。

ドラマの舞台となっている時期が 1997 年と現在、それ以外の関連する時を行き来しながら、ヒロインの相手は誰なのか? や、他の登場人物もどうなったのか? が徐々に明らかになっていく進行でした。続けて視なくても十分視すすめていけたので、視終えるまでかなり時間がかかってしまいました。

爆発的に面白いというわけでもなく、次が視たくて仕方なくなるような展開ではないですが、十分に楽しめましたね。


内省的なボス / 내성적인 보스

ヨン・ウジンさん、パク・ヘスさん主演のドラマ。このドラマはラブコメになるんだと思いますが、ラブコメとしては久々に個人的ヒットでした。

内省的で対人恐怖?とも思える主役というのも斬新でした。その設定からくる先の読めなさもスリリングでした。

パク・ヘスさんがちょっと場違い感あるのでは?という話も聞きましたが、ドラマ中の設定としてもちょっと場違いな感じな気がしたので、狙った場違い感かなと思ってました。


2度目の二十歳 / 두번째 스무살

チェ・ジウさん、イ・サンユンさん主演のラブコメ。

久々にラブコメを視ましたが、これは面白い。現在の場面に時折高校時代の場面が織り交ぜられて、少しずつ話しがつながっていく感じです。

序盤にチェ・ジウさん演じるノラの高校時代と今があまりにも性格違いすぎると感じましたが、これは中盤には少しずつギャップが埋まっていき、元々その変化がドラマで描きたいところだったと気づいて納得です。振り返ると少しずつ微妙に変化していくチェ・ジウさんの演技がさすがというところです。そしてイ・サンユンさん演じるヒョンソクも、序盤から徐々に高校生の頃に戻っていく感じです。

後半少しダレたかなと思うこともありますが、序盤から中盤にかけては本当に脚本が良くて、貯めていた録画を一気に一週間くらいで消化してしまうくらいに面白かったです。

ノラの息子の彼女ヘミ役として Apink のナウンちゃんが出ていましたが、普段の Apink でのイメージと違って、積極的な女性を演じていてかわいかったです。最後ももう少しこのカップルの露出が欲しかったですし、結局ノラとヘミの絡みが序盤に同級生としてだけ絡んだだけで、ノラ・ヒョンソクカップルともほぼ絡まなかったので、パラレルストーリーで最後まで平行のまま終わってしまったので、もう少し交差してほしかったなあとは思いました。

チェ・ジウさんはノラ役が本当に合っている感じで、とてもかわいかったですし、最後まで楽しく視れたドラマでした。tvN のドラマって少しインディーズ風な雰囲気がある作品が多いですが、このドラマも本格ドラマながらインディーズっぽい雰囲気も良い意味で失っていない感じで、そういう面も良かったです。


パパはスーパースター!? / 슈퍼대디 열

イ・ドンゴンさん、イ・ユリさん主演のラブコメディ。原題は「スーパーダディ・ヨル」。

イ・ユリさん演じるチャ・ミレががんで余命いくばくもないので子供のために父親を見つけるというムチャクチャな動機で元カレのハン・ヨルに白羽の矢を立てるというところから、色々苦難を乗り越え(?)、父親として人間として成長していくみたいな話です。

がんで余命がほとんどないという重い感じのテーマがあるのに、なぜか軽快で笑える重苦しくないドラマに仕上がっていますね。合間合間の深刻じゃない場面ではコミカルな効果音を入れたり、笑いの場面をこまめに挿入したりしてるのが効いています。

脇役がすごくいい人、って設定のドラマも久々かも。子役のチャ・サラン役のイ・レちゃんもかわいいし、さすがに演技ですね。

ストーリー自体は、まあうまく行き過ぎだし、ありえない!って思うことだらけですけど、気楽に視られるドラマで楽しめましたよ。