お父さんが変 / 아버지가 이상해

キム・ヨンチョルさん、キム・ヘスクさん、イ・ユリさん、リュ・スヨンさん、イ・ジュンさん、チョン・ソミンさんら出演の KBS2 の週末のドラマです。「お父さんが変」という変なタイトルですが、別にお父さんは全然「変」なところはありませんでしたよw

(WOWOW で放映が始まるにあたって「適齢期惑々(ワクワク)ロマンス〜お父さんが変!?〜」という変なタイトルになってますので注意)

このシリーズのドラマの感想ではいつも書いている気がしますが、とにかく予想を裏切るスピード感でどんどん話が展開していく、非常に面白いドラマでした。

いつも通り、ほぼ登場人物の家族だけですべてがまとまっている世間の狭さでした。中心はキム・ヨンチョルさん演じるピョン・ハンスの一家のお父さん、お母さんと 4 兄弟姉妹ですね。

前半は、リュ・スヨンさんとイ・ユリさんの駆け引きから始まり、これで引っ張るのかと思ったら、さっさとよりを戻して同棲と、拍子抜けするくらいあっさりまとまりますが、これはスタートでしかありませんでした。このカップルは後半も同居問題でちょっとお笑いを交えた感じで盛り上がります。

前半のもう一組の盛り上がりは長男とその彼女カップルですね。そしてそのカップルと次女が高校時代の同級生(そして会社でも同僚)というこれまた世間の狭さ。この元同級生のふたりもそれなりに引きずりながら最後の方まで問題が続きますね。

ただ、この辺りはあとで考えると、後半の盛り上がりの前の軽いジャブ的な展開でしたね。イ・ジュンさん演じるアン・ジュンヒが、大根役者っぷりを改善するために、本当のお父さんを探して、4兄弟姉妹の家にやってくるあたりから徐々に盛り上がり始めますね。その後、ちょっと簡単に変わりすぎじゃない?とツッコミ入れたくならなくもないですが、アン・ジュンヒの演技力が向上し、家族との仲も良くなっていき、ちょっと一服したあとに徐々にツラく深刻な展開になっていき、30後半〜45話あたりまではもう息もつかせぬ展開で、録りだめた録画を一気に消化してしまいました。

ここで一服の清涼剤的な役割を果たしたのが、末っ子のファヨン(元T-ARA)演じるラヨンとアン・ヒョソブさん演じるチョルスの恋愛でしたね。チョルス父とのやり取りも思わず笑ってしまうもので、深刻な話が深刻すぎることがないようにうまく挿入されていました。

視聴率を見る限りはこの時間帯のドラマにしてはそれほどでもない気がしますが、個人的には「棚ぼたのあなた」と並んだんじゃ?と思えるドラマだったと思います(世間的な評価はそうでもなかったのかな?)。前作の「月桂樹洋服店の紳士たち」も面白かったですが、それとはちょっとベクトルの違う面白さだったと思います。

確かに登場人物の兄弟まんべんなく盛り上がるというよりは、特定のカップルとお父さんお母さんだけが盛り上がった気もするので、そういう面が視聴率にあらわれているのかな?終わってみるとドラマの面白さ、スリリングさが後半の盛り上がりに依存してる感じもするので、その辺りなんですかね。(調べるとこの後始まったドラマ(黄金色の私の人生)の方が視聴率は良さそう)

まあ、いずれにせよ、すべてまとまった後のアン・ジュンヒ(イ・ジュンさん)とミヨン(チョン・ソミンさん)カップルの表情を見てると、ほっとして「ああ面白いドラマだった」と思えるものでしたよ(途中の最初のキスシーンとかありえない展開でしたけどw)。

最近になってこのカップルは微笑ましいニュースが飛び込んできていますね。


月桂樹(ウォルゲス)洋服店の紳士たち / 월계수 양복점 신사들

安定の面白さの KBS の土日ドラマ、それまでは一家族内の兄弟姉妹を描いたものでしたが、このドラマでは核となる家族はあるものの、「紳士たち」は兄弟ではなく、イ・ドンジン (イ・ドンゴン) とペ・サムド (チャ・インピョ) 以外はそれまで全くの他人という設定で、どう展開するかが興味深いドラマでした。

とはいえ始まってしまえばいつもの展開、それぞれの主人公の恋あり、サクセスストーリーありのドラマでした。なかでもチャ・インピョさん演じるペ・サムドとラ・ミランさん演じるポク・ソンニョのデコボココンビがいい味を出してました。チャ・インピョさんはこれまでどちらかというとシリアスな役柄での迫力の演技という印象だったので、このドラマでのどちらかという喜劇的なお笑い風な役と愉快なラ・ミランさんの組み合わせが本当に笑えました。

あとは Lovelyz の “Ah-Choo” と共に盛り上がるカップル、ヒョヌさん、イ・セヨンさん演じるテヤン、ヒョウォンカップルも見ていて楽しかったですね。まあよくある金持ちと貧乏人の落差カップルなんですが、ヒョウォンの突き抜けた押しかけ、見ながら絶対こんな風にされたら普通引いてしまわない?と苦笑いしながらテヤンの演技を見てました。恋の行く末はドキドキはするのですが、やっぱり Lovelyz の曲が徐々に長くかかるようになるところが楽しみでしたかね (コラw)

Lovelyz のメンバーが何人か #29 でカメオ出演したのも楽しみでした。

歌手のソンジュンとして帰国して、主人公トンジンの姉と結ばれるソン・テピョン。チェ・ウォニョンさんは色々な役をやるごとにそこにちゃんとハマる演技力がすばらしいですね。それに加えて、今回は実際に曲をリリースしているその歌が良かったですね。特にトロットの「オッパが行く」は良い曲でしたね。

そして主人公イ・ドンジン (イ・ドンゴン)、ナ・ヨンシル (チョ・ユニ) カップル。父親に腎臓を提供したことをネタに自分と結婚することを強要するホン・ギピョとの関係をどうホームドラマっぽくきっちりけじめを付けてふたりが結びつくのかが興味津々でした。まあ想像どおりでしたけど。途中からはどうしてもこのふたりリアルで付き合ってるんだなってのを考えてしまいましたがw

驚いたのがお母さん役のキム・ヨンエさんでした。痩せたなとは思ったけど、まさかあのような病状であれだけの演技をされるとは本当に本物の役者さんですね。ちゃんと当初の 50 話は演じたとのことで素晴らしいですね。ご冥福をお祈りいたします。

最後まで緊張感のある面白いドラマでしたね。


子どもが5人 / 아이가 다섯

アン・ジェウクさん、ソ・ユジンさんら主演のホームドラマ。

前半は、アン・ジェウクさん演じる妻と死別したデキる男イ・サンテと、ソ・ユジンさん演じる慌て者だけど肝っ玉母さんという感じのバツイチ女性アン・ミジョンの恋愛を描きます。まだまだ序盤と思っていたら、いつの間にか主役のキスシーンとか出てきて、結構佳境に入っていることに気づくのは、 KBS の週末ドラマのパターン。さすがです。

中盤は、ふたりとも子どもがいるから結婚は無理といいながら、周りがかき回して結局結婚することになっていくところの親や周りとの軋轢が続きます。まあこのあたりは想定できる進行ですね。

サンテの死別した妻の両親がチェ・ジョンウさん、ソン・オクスクさんがまた良い味を出していて、かなりドラマをかき回して盛り上げます。そういう人もいるやろなーという気にさせるソン・オクスクさんの演技がさすがベテランの味でした。

あと良かったのはサンテ実家のマンネ、ヨンテとキム・サンミンの恋愛ですね。まあ、最悪の出会いをしたけど、徐々にキム・サンミンが惹かれていくという典型的なラブコメ展開ですが、素朴な感じのヨンテを演じるシン・ヘソンさんの演技が本当にかわいくてよかったですね。

それと、いつも感じる子役の演技の良さ、このドラマでも光ってましたね。みんな本当に演技がうまいですねえ。

主人公ふたりが結婚しても、終った感なく面白さが持続するのも良かったです。まあ、再婚で子どもが問題を起こすという王道な展開ではありましたが、わざとらしさも感じず楽しく最後まで視ることができました。

いつもの週末ドラマと同じく、早く次が見たくなり、最後まで一気に見てしまう感じの面白さでおすすめですよ。


マイスイートホーム / 우리 집 꿀단지

Secret のジウン主演の 129 話ドラマ。長い!ジウン演じるボムが苦労しながら成功していくドラマですね。

Secret は好きなので、とにかくジウンちゃんのかわいさと、ボム姉アラン役のソ・イアンさんのキレイさで最後まで視れた感じがしています。

一番印象的なのはムカつく登場人物が多いこと。韓国ドラマでは珍しくないですが、さすがに 120 話超でムカつく主役級がいるってのは… 😅

特に主役ボムの実の父がムカつきましたね。とにかく自分勝手すぎ。後半手のひらを返すように態度を変えるんだけど、そんな程度で許されるわけないやん、というレヴェルでヒドかったです。自分の子どもを追い出すしw

あとは登場人物がちょっと少ない気がしました。主役に試練を与える役が限られているので、延々同じ人が執拗に主役をいじめるという感じがして、ちょっと見ていてツラくなってきます😅終わりかけにちょっとドラマを引っ掻き回すために新たに登場する人物がいますが、もう少し早く登場させるとか、最初からもう少し人を準備しておいた方が良かった気が…。延々とボムをいじめる役を姉アランに任せすぎでした。

100話くらいまでひたすらボムがいじめられて陥れられて苦労する話。序盤は育ての母にこき使われてるだけで本人はそれほど苦労と思ってなさそうだけど。ボムの実の親、判明しそうでしないのが続く中盤。

終盤までとにかく話がこじれにこじれまくってて、それが解決するのが最終回とその前程度で、127話もこじれたのに急に解決するかいっ!ってツッコミを入れながら見てました。最後の方はジウンちゃん、ソ・イアンが出てなければ続かなかったかも?

序盤〜中盤まではどう展開するのか読めないいつもの韓国ドラマ的展開でかなり楽しめましたので、まずまず面白かったと思います。


お願い、ママ / 부탁해요, 엄마

お願い、ママ DVD-BOX1
お願い、ママ DVD-BOX1 エスピーオー 2016-06-02
売り上げランキング : 32515

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユジンさん、イ・サンウさん、コ・ドゥシムさんら出演のホームドラマ。

この KBS の週末のドラマがここしばらく父をテーマにしたもの、母をテーマにしたものを交互にやってて、前作はお父さんだったので、このドラマはお母さんの番という感じでした。

今回のドラマは主人公家族は 3 人兄弟で、それぞれの恋模様が描かれるわけですが、やっぱり主役はお母さんのコ・ドゥシムさん。その存在感がすごいです。ホームドラマではどちらかというと物静かなお母さんが多かった気がしますが、今回は気の強い肝っ玉母さん風の役を演じています。

週末のホームドラマとしては平均的な出来で、各兄弟の問題が次々、もしくは並行で進行して、毎回楽しめて次回が待てないのはこれまでと同じですね。「平均的な出来」と書きましたが、この「平均」がとんでもなく高いのはこれまでのこの時間帯のドラマと同じ。つまりとても面白くて視て損はないということですね。

登場人物の中で特に印象的だったのは末っ子のお相手のチャン・チェリ。チョ・ボアさんの演技も非常にかわいくて、義理の姉を「ブラザー」と呼んだりと、とても明るい役柄で常に笑わせてくれるかわいい役でイチオシです。

ドラマも後半に入って、AOAミナちゃんが登場しましたが、これもなかなか楽しかったです。アイドルにこんな役いいの?って感じの役柄、セリフ、表情で、笑わせてもらいました (別途音楽ブログにその様子を載せてます)。

視聴率も良かったようで、当初の予定 50 話が 4 話ほど伸びたようですね。


空くらい地くらい / 하늘만큼 땅만큼

空くらい地くらい DVD-BOX1
空くらい地くらい DVD-BOX1
マクザム 2008-11-28
売り上げランキング : 130857

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ハン・ヒョジュさん、パク・ヘジンさんら主演のドラマ。165 話。

今までこの手の 100 話を超えるドラマは視始めると大変と思って手をつけていませんでしたが、ついに視てしまいましたw

165 話続くだけのネタが良く続くなというのが一番感心するところ。それも途中全く飽きさせることも退屈することもなく最後まで視れましたよ。とりあえずチョン・ジェスンさんが引っかき回せば 10 話程度は持つ感じでしたがww

ちょっとクサさを感じるところもありましたが、そこは健康的なホームドラマなので理解できるところだし、ハン・ヒョジュさんは初々しくてカワイイかったし、登場人物それぞれが個性豊かで、話数多くて大変でしたが、一気に視られました。


青い鳥の家 / 파랑새의 집

イ・ジュニョクさん、チェ・スビンさん、イ・サンヨプさん、キョン・スジンさんら主演のドラマ。

ずっと週末、土日の夜のドラマは家族がテーマのホームドラマで、そこに恋愛話を織り交ぜながら、家族の絆を描く感じでしたが、このドラマは少し雰囲気は違いました。

表面上は母親と子供を描いていますが、メロドラマ的な過去の秘密に翻弄される家族を描きながら、徐々に明らかになっていく秘密にドキドキするという展開です。これまでのこの時間帯のドラマでも悪事を扱うことはあったかもしれませんが、ここまで話題の中心になるのは珍しい気がします。

純粋なホームドラマという感じではないですが、といっても面白くないわけはなく、先が読めそうで全く先が読めない展開にドキドキしましたね。


家族なのにどうして? (家族同士どうして) / 가족끼리 왜 이래

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1
家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-09-02
売り上げランキング : 63022

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユ・ドングンさん、キム・ヒョンジュさんら主演の家族ドラマ。

この前のドラマがお母さん中心だったので今度はお父さんでしょうか。奥さんと死に別れたお父さんがひとりで育てた子供たちとお父さんのお話です。

子供たちが大ききくなっても子供たちに気を配るお父さんとそんなことには気をかけなくてお父さんの気持ちも考えなくなった子供たち。お父さんの気持ちはよくわかりましたね (^_^;)。

そこでお父さんが考える突拍子もないことで起こるドタバタと、兄弟それぞれの恋愛物語が描かれて、このシリーズはいつもそうですが、最後まで一気に飽きることなく視れる楽しいドラマでした。

トンマン (善徳女王) の子役をやったナム・ジヒョンさんが大人になっていてかわいかったです。キム・ヒョンジュさんが出演しているドラマは結構外れがないですね。


復活 / 부활

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1
ポニーキャニオン 2006-12-20
売り上げランキング : 22307

Amazonで詳しく見る by G-Tools

オム・テウンさん、ハン・ジミンさん、ソ・イヒョンさん、コ・ジュウォンさん主演の復讐劇。

復讐というよりは、事件の真相を明らかにする=復讐という感じ。オム・テウンさんの一人二役の迫真の演技ですね。

名作と言われてるのでずっと視ないとなと思いつつずっと視てなくて、今回アジドラで一挙放送があったのを機会に視てみましたが、まさしく視始めたら止まらない韓国ドラマの魅力が凝縮されたドラマでした。

2005年ですが、あまり古臭さを感じさせない畳み掛けるような展開でした。まだ若いハン・ジミンさんも可愛かったので良かったです。


本当に良い時代 / 참 좋은 시절

イ・ソジンさん、キム・ヒソンさん、オク・テギョンさんら出演のドラマ。

KBSの週末のドラマはずっと見ていますが、このドラマは少し雰囲気が違う感じがしました。田舎が舞台で方言ってのもありますが、舞台となる家庭の雰囲気というか色合いも今までとは違う感じでした。

イ・ソジンさん演じる腕利の検事が故郷に戻るところから始まりますが、ちょっと始まりは暗い感じがしてどうかなと思いましたが、その後は視始めたらやめられないこのシリーズの魅力そのままでした。

このシリーズ、大体は兄弟それぞれの恋愛模様が描かれることが多く、このドラマもそれに違いはありませんが、フィーチャーされてる度合いがイ・ソジンさん、キム・ヒソンさんカップルが中心で、それ以外は家族、親子関係にスポットがより当たっていたような気がします。